ITフリーエンジニア・フリーランスの方を手厚くサポート!40代、50代、ミドル転職もお任せください
株式会社ヴァリエイト
【TEL】03-6455-1109
9:30~18:30(月~金)

デジタル認知症とその対策としてのデジタルデトックス

 

デジタル認知症というキーワードを聞いたことはありますか?
デジタル認知症とは、デジタル機器の使い過ぎによっておこる症状です。

 

認知症と名前がついていますが、高齢者に限らず、年齢を問わず発症する可能性があります。

その詳細と、対策として注目の集まるデジタルデトックスについて確認していきましょう。

デジタル認知症とは

 

デジタル認知症とは、PCやスマホをはじめとしたデジタル機器を、過度に使用することで脳へのインプットが過剰に行われたり、機器への依存が起こり記憶力、集中力、注意力の低下や言語障害など認知症と似た症状が発生する状態を指します。

認知症と似ていますが、一時的な症状のため、病気ではありません。 しかし、若い人ほど影響を受けやすく「悪化すると若年性認知症につながる」とも言われています。

デジタル機器による刺激を受け続けることは、脳への悪影響があるといわれており、健康的な睡眠や精神面への悪影響も懸念されています。 これまでになかったデジタル機器による大量の情報を脳は受け続けて、過労脳やオーバーフロー脳といわれる処理がしきれない状況を生み出してしまっているのです。 これらは年齢には関係なく、現代の生活習慣からうまれている現代病であるのかもしれません。

デジタル認知症対策としてのデジタルデトックス

 

デジタル認知症の発生原因は、デジタル機器から多くの刺激を受け続けることです。 このため、デジタル認知症を防ぐための対策はデジタル機器と適度に距離を保つこととなります。

とはいえ、なかなかデジタル機器を利用しない生活に戻るのは難しいものです。 SNSでこまめに外の世界とつながっていることを確認したり、スマホの画面を見るのがなんとなくの習慣となってしまっている人もいます。
自己管理でうまくデジタル機器と距離を置けるのならば問題はありません。 しかし、それもなかなか難しいため、スマホ依存症用アプリなどを使うのも手の一つです。

他の手立ての一つとしてデジタルデトックスが注目を浴びています。 「デジタルデトックスとは一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。」一般社団法人日本デジタルデトックス協会

具体的には以下のような方法があげられます。 ・自分でルールを決めデジタル機器を触らない時間を持つ ・デジタル機器が触れない状況に身を置く ・アプリでPCやスマホをロックする

デジタルデトックスのサービス

 

世の中にはデジタルデトックスを行うための様々なサービスや商品があります。 その例を見てみましょう。

・ホテルのデジタルデトックスプラン  町中やリゾート地のホテルなどデジタルデトックスプランを実施している宿泊施設は多々あります。  デジタルデトックスを行うとともに、優雅な時間を過ごすことができます。
・キャンプのアナログゾーンを利用する  町中から離れたキャンプ場には電波の届かないアナログゾーンといわれるエリアが存在します。 豊かな自然の中でデジタル機器やSNSを忘れて過ごす時間を持つことができます。
・デジタル機器を物理的に触れないようにする商品を使う  一定時間、箱の中にスマホ等を入れて触れなくするタイムロッキングコンテナと呼ばれる商品がネットショップでは人気があるようです。もう少し手軽なタイマー付きの南京錠のような商品も出ています。

デジタル機器との距離の取り方は、多くの人の課題となってきています。

一日に少しでもデジタル機器を触らない時間を設けるなど、まずは簡単なところから取り組んでいくとよいのかもしれません。

営業担当があなたに合う案件をご提案します!

ヴァリエイトの他のコンテンツも是非ご覧ください。
PAGE TOP