ITフリーエンジニア・フリーランスの方を手厚くサポート!40代、50代、ミドル転職もお任せください
株式会社ヴァリエイト
【TEL】03-6455-1109
9:30~18:30(月~金)

資格はITエンジニアの役に立つのか?

実は知りたいと思う方は多いのです。検索エンジンでもよく検索されているようです。

「ITエンジニア 転職  資格」なんてすごく多いですね。

しかも、ネットで調べると転職に役に立つなんて文字がおどって、IT資格難易度偏差値というものがあります。

昔は、結構IT系資格って重要だったのです。
誰でも知っている経産省所管の情報処理試験(昔は1種、2種といっていました)。

比較的大きなIT企業ならエンジニアに対して2種以上は取得必須としていた所は多かったと思います。

あと企業系資格、Oracle、Microsoft, Ciscoはもっていると箔がついたものです。

ITエンジニアと資格の関係

名刺にも入れている人は多かったですね。ただ、プリセールスの人ならともかく、エンジニアの人が上位でない資格をPRしても。。。という声はありました。

エンジニアがいまより多かった時代、何らかの+αをつけて目に留まろうとしたのですね。
資格というのは書類レベルでわかることですので。

いまどうでしょうか?かなり変わったと思います。ご存じの通り、エンジニアはかなり不足してきています。現場にも人員に余裕がなく、選考に時間をかけるようになりました。

特に実力主義のフリーエンジニア現場の世界だと特定のベンダーロックインで要件に入っている場合以外、あまり顧みられることはありません。かえって何でも持っているとあなたの得意種目って??と却って謎を呼びます。

でも「転職で有利!!この資格」って多いですよね。

なぜでしょう?

やはり他の職業から転職してくると、勉強のペースが分からないため、資格という基準が分かりやすいためもあるでしょう。
また実力主義ということがあまり実感できない人が、資格こそがモノを言うと思い込みがちです。経験のあるフリーエンジニアは実力の裏打ちがない資格なんて無意味なんてわかるでしょうが。

後述する通り、いままで何をやってきたかの方が資格よりも実力を物語ります。

では資格ってエンジニアにとって役立たないのでしょうか?

実のところ、分野によるでしょう。比較的大きなIT企業でエンジニアされている方は会社で資格手当・昇進条件が資格と結び付けられていますので、確認してみられるのがよいでしょう。

ただ、会社の事情が大きいですので、転職で役に立つかはまた別です。

一般的に転職市場は実力主義です。
またあまり現場で役に立たないのに資格を一杯持っている人が多いことも知られています。
したかって経験者を取るときはまずその人が何をやってきたかを見て評価します。

現場で役に立たない資格も多いと思われているので、資格は概ね参考程度です。
面談する側は多くの人を見ているので、経験上分かっていますので、結構厳しく見ます。

ただ下記の場合は資格が有利にはたらく場合があります。

未経験

現在エンジニアが不足している状況があります。その中でエンジニアの育成ということが言われています。
その際に育成する未経験者でもっとも必要な条件は、やはりやる気です。やる気を客観的にアピールするのにもっともよいのは資格です。本を読んで独習したというのは客観的に証明してくれるものがありません。

その点各言語、技術には今多くの資格がありますので、一番下のレベルでも取得しておくと、口だけでないということは証明できます。

新規、習得者が少ない言語

例えばPythonはここでも何度も取り上げている注目言語ですが、まだ習得者が少ないです。
現在他の言語をマスターしている方で、Pythoを現場で学びたい方はその環境を提供するという案件は多いです。
その中で現場経験はないが、独習で「Pythonエンジニア認定試験」に合格したとなると圧倒的に有利なのは間違いありません。

他にブロックチェーンにも資格というか講座があります。それを修了したとなると本を読んだレベルとは違います。
他にも色々ありますので、調べてみましょう。

ただし、これは他言語での経験がある程度あった上というのが前提です。

インフラエンジニア

また情報システム部門の保守・運用エンジニアは或る程度有利になります。
技術的なハードルが低いと思われていますので、未経験者だと必要な知識習得に向けて時間をかけていますということをいえる場合があります。

ただ、情報システムは社内の利用者さんあってのものですので、コミュニケーション力などがやはりものをいいます。
また場合によって特定のベンダーにロックインされている場合がありますので、その場合は該当するベンダー資格は有用です。たとえば
Ciscoなどがそうでしょう。

SAPエンジニア

いま2025年問題に向けて喉から手が出るほど欲しがられているSAPエンジニアです。

SAPは認定コンサルタントという資格があるとさらに圧倒的に有利です。ただ、個人で取得するには費用的に難しいということがありますので、これから取得というのは難しいかもしれません。

以上転職で役に立つかという視点でしたが、まだ経験の浅いエンジニアが自分の知識を網羅的に高めるために資格取得を目標にするというのは大いにありです。

実のところ資格というのはITエンジニアに関する限り、独習のモチベーションを高めるのが最も効果的な使い方だと思いですね。

営業担当があなたに合う案件をご提案します!

ヴァリエイトの他のコンテンツも是非ご覧ください。
PAGE TOP