ITフリーエンジニア・フリーランスの方を手厚くサポート!40代、50代、ミドル転職もお任せください
株式会社ヴァリエイト
【TEL】03-6455-1109
9:30~18:30(月~金)

フリーランスエンジニアで年収は上がるのか?

フリーランスエンジニアで年収が上がるか?ですが、結論を言ってしまえば人によるとしか言えません。
フリーランスエンジニアといっても、プログラマーのフリーランスエンジニアやネットワークエンジニアのフリーランスエンジニアと様々な職種があります。

さらに言えば、それぞれの年収相場は、経験年数やスキルによって大きな差がありますし、
支払いする企業の規模によっても開きが出てきます。

フリーランスエンジニアは年収が上がるのか?

なお、会社に所属するシステムエンジニアを年収は、30代のシステムエンジニアの月収を税込で35万円、
賞与を年間で140万円として考えると年収は560万円になる、と考えられます。
会社の規模などによって賞与に違いがあるとすると、年収500万円~600万円くらいが平均的な年収だと思われます。
中には年収が800万円~1000万円という人もいますが、かれらはITコンサルタントです。

IT業界の平均年収とは?企業別・職種別で平均年収を紹介IT業界の平均年収とは?企業別・職種別で平均年収を紹介

ITコンサルタントは929万円ですが、WEBデザイナーやシステムエンジニアやプログラマーは
400万から600万円に収まっています。ネットワークエンジニアが789万円もするのは意外ですが、
ネットワークエンジニアにも構築する仕事だったり、運用・監視する仕事で大きく変わります。
当然ながら、プログラマーでも言語による違いがあります。

プログラミング言語別年収ランキング

プログラミング言語別の年収ランキング、中央値1位は「Go

上の図を見れば分かるように、プログラム言語の違いで年収が数十万近く違っています。
要は何が言いたいかといいますと、年収というのは職種によって違いますし
仕事内容・経験によって左右されるのモノなのです。

ここからが本題となります。フリーランスエンジニアの年収は、
開発経験の少ない技術者や他業種からの未経験のフリーランスエンジニアの場合は、
当然ながらその額は少ないです。しかし、エンジニアとして実務経験があり、
かつフリーランスエンジニアとしての経験があるケースは
普通に年収1,000万円を超えるとの噂をちらほらと聞きます。

これはITコンサルタントであるからではありません。
年収が低いとされるプログラマーでも年収1,000万円近く貰っている、とのことです。

フリーエンジニアは年収が上がるのか?

このからくりを解き明かすと、仕事を複数掛け持ちしているから、が答えです。
フリーランスエンジニアになると多くの場合はこれまで所属していた企業との仕事を行うケースが多いので、
長期的に契約をしながら単発で他の企業からの仕事をこなす事が出来ます。

これにより自然に年収が増加するという事が理解できるでしょう。
1社のみの勤務から個人として複数の仕事を行なうことで年収1,000万円を超えられるわけです。

またフリーランスエンジニアになる理由はそれぞれによって異なりますが、
多くのエンジニアがフリーになる時には、自分のやりたい仕事をしたいという理由だけではなく、

収入面においても増加する自信がある人だけが、フリーランスエンジニアと活動ができるという見方もできます。
要は、元々仕事が出来て稼ぎたい人がフリーランスになり、稼ぐべくして稼いでいる、と言えます。

つまり、フリーランスエンジニアの年収を具体的に考えても、説明しているとおり、
会社に所属をしていた時よりも多くの年収になるのが妥当だと考えても問題はありません。
同じ企業で長く契約をするような人もいますし、単発のシステム開発を主軸に行う人もいますが、
月収に換算をすると多くは60万円~90万円程度になる事が多いようです。

一般的にフリーランスエンジニアの年収は、700万円~1000万円以上と言われています。
他の一般的な業種や企業でシステムエンジニアとしてもらう年収よりも多く感じるかもしれませんが、
先にも説明したように、フリーランスエンジニアの実力は高いと判断をするべきでしょう。

まとめになりますが、フリーランスエンジニアで年収が上がるか?は本人次第、
が回答です。年収を上げられる理由としては、
フリーランスになることで複数の仕事を受け持つことが可能になるからです。

営業担当があなたに合う案件をご提案します!

ヴァリエイトの他のコンテンツも是非ご覧ください。
PAGE TOP